この マツダ車に乗っていた


マツダ社への質問


研究開発本部長
 黒田堯 氏の回答



ロータリー エンジンは
結局 何が問題か ?






ロータリー エンジン
1974年 ? 新型 SAVANNA AP  カタログ より転載




ロータリーエンジンの その後



MAZDA ROTARY ENGIN : LICENCE NSU-WANKEL


もはや  NSU−WANKEL の特許が切れた マツダ ロータリーエンジン






筆者は 1972年8月 サバンナ GS−U ロータリー を買って 以後4台のロータリーに乗った。
その頃は あと10年もすると ロータリーのシェアーが 50%にはなるだろうと思われるほどのデビューであった。

ところが、ロータリーは一向に進化せず、 特殊なエンジンとなってしまった。

何とももどかしく、1983年頃 広島のマツダ本社へ  と銘打った にもかかわらず、何故ロータリーは性能が向上しないのか ?  と自分の疑問と考えを何枚かのレポートにして送ったが、何も連絡が無いままだった。 ( = そりゃ当然 )


時に、箱根の 仙石ゴルフコースの練習場が 当時、 三本 和彦 氏 (自動車ジャーナリスト)司会の番組 テレビ神奈川の 新車情報(現在も続く 30年の人気番組)で 撮影と休憩に利用されていて、そこを基点に、富士山眺望の名所 長尾峠の 「いつもの山坂道」での映像収録だった。

そうだ、今度 マツダの車で 同社の誰かが番組に出演するなら、 自分がこれこれ、、、、の質問をしたのだが、それはそれで、とにかく ロータリーエンジンに何か格段の進化でもあったのか ?  聞いてもらおう、、
てなわけで、竹竿の先に書状を刺して、畏れながら、、の直訴ではないが、ゴルフ練習場で 三本氏にお目にかかったらと、前記レポートの写しを持って練習に通っていたが、その週は会えなかった。
そこで、番組宛てで 三本氏に手紙を託したところ すぐに マツダ社 当時 研究開発本部長 黒田堯 氏より 丁寧な回答を頂いたのだった。
(三本氏の御尽力によるところ大)





と言った訳で、何故 ロータリーエンジンは失速してしまったかを述べたものです。



2003年 7月13日  アップロード


2003年 7月29日  広島市 マツダ社へ 何か問題あるといけないので、と 問い合わせの手紙と 当該サイトをコピーした CD 郵送済み






golfskii@msn.com
           





jirochan-golfskii, 大谷 晴二郎, おおたに せいじろう